CielBleu(シエルブルー)のウッドテーブルに落書きをしてしまった!

埼玉県東松山に住む茨木夫妻が、ひとつずつていねいに手作りしている木のフォールディング・テーブルがある。
このCielBleu(シエルブルー)の小さな机をひとつバックパックへ入れていくだけで、旅が優雅になる。
最近は、すっかりお気に入りリストに入ってしまったグッズだ。

今日、部屋でコーヒーを飲むときに、ふとこのテーブルを取り出してみた。
で、コーヒーを飲みながら天板を眺めていたら、「悪い心」がうずうずしてきた。

やがて、がまんができなくなり、ホワイトアッシュ材の天板に絵を描いてしまったのだ。
それも、焼きごてで。

茨木夫妻が見たら怒るだろうなぁ。

でも、だいじょうぶ。
天板は裏表使えるから、彼らの前で使うときは裏側で使うことにしよう。