富士山のコーヒー・ドリッパー

ワイヤータイプのドリッパーは、空気の逃げ道が多いから、蒸らしがむらなくできる。
なので、渋みや雑味が少なく、コーヒー豆の味がはっきり出る。
と聞いたので、さっそくMT.FUJI DRIPPER(マウント・フジ・ドリッパー)を使ってみることに。

が……。
「違いのわからない男」には、その味の差を感じるのは無理だった。

そこで、せめてこの富士山ドリッパーに似合うスタンドを作ってみることにしたのだ。
なんたって新潟県燕市の職人が作っている、という美しいステンレスのドリッパーである(箱には、『Made in TSUBAME』と記されている)。

最後の写真は、瀬戸物ドリッパー、以前にスターバックスで買ったワイヤードリッパー(写真左下)、そしてMT.FUJI DRIPPER(写真中央下)。
もともと使っているコーノ式も含め、コーヒーを淹れ分けている毎日だが、その味の差は、風に吹かれたまま……。