妖しすぎ!

ほんと。
赤ワインの色だ!

長い長い皆既月食の夜。
こんな夜は、飲み過ぎる。

部屋に吊るすカレンダーは月齢がわかるやつ、と決めている。
いつごろからか、お月さんが好きになってしまったのだ。
もしかしたら、子どものころからいちばん話しかけたのが月だったからか。

今年の仕事部屋のカレンダーは、月のことや星のことなど、いろんなことが書き込まれている。
「宙(ソラ)を見上げたくなる」を、日々、大事に考えているビクセン(Vixen)社が作ったカレンダーだ。

皆既月食の写真は、インスタグラムな人たちに任せよう。
ぼくは、ただ眺めていたいだけ。
もちろん、赤ワインを飲みながら。