シガーボックスのテナーウクレレ

今月発売の『ビーパル』を見た人は知ってるだろうけど、シガーボックス・ギターの話。
二か月ほど前、なんとかという有名人に、「シガーボックス・ギターの作り方を教える」という、ミッションを受けた。

撮影当日。あらわれたのは、なんと羽生結弦。
おでこに前髪を垂らしているから、間違いない。
頼んだら、その場で4回転とかしてくれるかな。

いや、ちょっと違うかなぁ……。
みんな、「いのっち」と呼んでるし……。
「ゆずっち」じゃないか……。

それはさておき、ぼくがはじめて作ったシガーボックス・ギターは、写真のテナーウクレレ。
アンティークショップで手に入れたニカラグア産のシガーボックス(「揖保乃糸」の箱よりひとまわり小さなサイズ)を眺めていたら、テナーウクレレを作りたくなった。

でも、けっこうむずかしそうだから、ネックやフレットボードなどは市販品を利用。
そして、どうせ作るならライブでも使えるグレードにしたかったので、ピエゾのピックアップを搭載した(ライブで使うことなんて、ないだろうけど)。

サウンドホールの奥には、あの人が覗き見える。

しかし、楽器作りはむずかしい。
反省も多々。
でも、愉しい。

『ビーパル』の撮影では、材木屋で買ってきた堅い木でネックも指板も作り、フレットも打ち込んだ。
そのほうが、圧倒的に「使った感」があるからね。
(興味のある人は、『ビーパル』を立ち読みしてください)

つぎは、なに作ろうかな。
と、ちょうどいい材料をまじさんの工房で見つけたので、あれでギターを作ってみるかな(ビーパルの撮影は、まじ(真島辰也)さんの工房を使わせてもらいました。いつも、ありがとう。まじさん)。