気が遠くなる作業

一枚板に描いたパドルの図を、描いた線どおり、まずはジグソウで切り抜いた。

ホワイトアッシュは粘りのある木だから、切るのも大変。
途中で、ジグソウの刃を一本折ってしまった。
ついでに指も怪我したし(かすり傷だけど)。

しかし、なんとか切り終える。
ここからは、気が遠くなるようなサンディング作業が待っている。
ディスクグラインダーを持つ手はしびれるし、耳鳴りはするし。
その音は、近所迷惑もはなはだしい(すいません。4丁目のみなさん)。

長い年月(?)が過ぎ、ようやくパドルらしい形になってきた。
1日、1~2時間の作業。今日で何日目だろうか……。

が、もう飽きてきたぞ!
やれやれ。